porepore

コンセプト

楽しく、美しく、シンプルに、自分感覚で生きていく!
 この世界がそんな女性であふれていきますように。

「料理」×「マクロビオティック」というツールを使って、ココロとカラダをすこやかに整え、自分らしく生きていくための土台づくりをしています。

ポレポレが大切にしていること

 「ポレポレ」とは、スワヒリ語でゆっくりいこうを意味する言葉です。自分のペースでゆっくりと、ひとつひとつ丁寧に取り組んでいく姿勢を大切にしています。

 なぜなら、ものごとには、急いだほうがいいことと、ゆっくり構えたほうがいいことがある。若い頃はその緩急がわからなくていつも急いでいた気がするし、仕事をするようになってからはスピードや効率重視で忙しく、やっぱりずっと急いでいました。

 だけど、スピード優先の飛行機では見ることができない景色に出会える、船や列車の旅はときに贅沢です。学生時代には理解できなかった本を読み返してみたら、号泣するほど感動して時間が自分を成長させてくれたことを実感します。

 年齢を重ね、体験が増えるにつれて、ゆっくり取り組むからわかること、時間をかけるから見えることの魅力に、少しずつ目を向けられるようになりました。

 そして、同じように、ゆっくりと時間をかける喜びや大切さを知っている方、もしくは、そうありたいと心の奥で感じている方が、ポレポレに共感し、ポレポレの扉を開いてくださっています。

 ポレポレは料理教室ですが、レシピや知識を学ぶ場所ではありません。料理を通して、ココロとカラダのバランスを整え、「楽しく、美しく、シンプルに、自分感覚で生きていく!」土台づくりをしています。

 ココロとカラダは、人生を楽しむためになくてはならない土台。その土台がゆるぎなく、すこやかであることが人生の質を引き上げます。

 「料理」というツールを選んだのは、料理をすることは世界共通の、すべての人に必要な生きる基本技術であり、特別な場所や道具がなくても自宅ですぐに始められるものだから。そして、自然のリズムにあわせて生きていくマクロビオティックの考えを実践するのにぴったりだからです。

 私たちは、食べることでココロとカラダをつくっています。食べることと生きることはどうやっても切り離すことができません。料理をすることで五感を磨き、そのつながりを思い出すことが、人生の土台づくりにつながります。

 しかしながら、それらは一過性の、すぐに結果がでるノウハウではなく、日常に取り入れながら、ゆっくりと浸みこませてはじめてわかる、ちょっぴり時間がかかるもの。

 だからこそ、『ポレポレ』と。
 ゆっくりとココロとカラダに浸みこませていったものは、少しずつ、私たちの考え方や日常の過ごし方を変化させてくれます。

 仕事の取り組み方や、時間の使い方が、いまよりも自分にあった方法になり、目指す姿が明確になります。

 人間関係が円滑になり、本当に必要なものがわかり、心からの喜びや楽しみを感じられるようになります。

 そうやって、ライフスタイルの様々な場面で使えるあなただけの土台が出来上がります。それこそが、最高に価値ある財産になっていくのです。

 たくさんの女性がその大切さに気づき、しっかりとした土台の上に、自分らしい毎日と人生の喜びを築いていけますように。それが、ポレポレの願いです。

ポレポレで開催しているCLASSの詳細はこちら→CLASSページ

ポレポレのこだわり

1.日常を楽しく!

 楽しい気持ちは、自分感覚で生きていくためのバロメーターのひとつです。ワクワク、ドキドキする。何度やっても楽しい。いつも、そんな気持ちを持てる人は幸せです。
 それは、高級ブランドのかばんを買ったり、海外旅行に出かけたりといった特別なことをしなくても、日常のさりげないひとコマの中にたくさん溢れています。
 料理という日常を通して、そこに気づき、楽しむセンスを磨きます。

2.美しく(美味しく)!

 美しさの基準はそれぞれに違います。バラのように、華やかであることが美しいと感じる場合もあれば、すみれのように、可憐でさりげないことが美しいと感じる場合もあります。
 大切なのは、自分らしくあること。バラならばバラとして、すみれならばすみれとして、本来の美しさを生かすことが基本です。
 料理を通して、あなた本来の美しさ(あなたが美味しいと感じるもの)を見つけていきます。

3.シンプルが心地いい!

 仕事のやり方も、人間関係も、入ってくる情報も、どんどん複雑になって疲れているのなら、いまよりもシンプルな方法を探すときが来ているのかもしれません。
 こうでなければならないを手放すと、私たちのココロとカラダは、もともと備わっているリズムを思い出します。それはとても心地よいものです。
 料理を通して、ココロとカラダを柔軟に、シンプルに生きていくための考え方を学びます。

4.バランスが命!

 私たちは、ココロとカラダのバランスがとれているとき健康です。心に余裕があり、イライラすることも、不安や心配に押しつぶされることもなく、安定して過ごすことができます。
 バランスのとり方は、ひとりひとり違います。世間一般にあふれている健康情報やノウハウだけでは片手落ち。なかなか見つけられないかもしれません。
 料理を通して、あなただけのバランスを見つけ、それを自分で整えていけることを目指します。

5.あたり前を大切に!

 毎日は、料理をする、掃除をする、家族の世話をするといった地味なことの繰り返しで成り立っています。そこにかける時間をもったいない、面倒だと感じてしまうとそれまでです。
 ですが、そんなあたり前にこそ学びがあり、自分を成長させてくれるヒントがつまっていると気づけたら、そのひとつひとつは大切なものになります。
 料理を通して、あたり前の大切さに目覚め、それを楽しむ感性を手にいれていきます。

6.本物は本質的です!

 世の中にあふれる情報は玉石混合で、自分が本当に求めるもの、必要としているものを見つけだす力が問われます。それはつまり、本物を見つけだす力でもあります。
 その基準は、一過性の、一時的なものではなく、状況がかわっても、時間がたっても、価値や魅力が色褪せない本質的なもの。人生のどんな場面でも使える普遍的な法則です。
 料理を通して、本物とは何かを考え、その価値と魅力を認め、迷うことなく選択できる力を養います。

7.自分に正直になる!

 やりたいことではなく、やらねばならないことに囲まれて、自分の気持ちを見失ってしまっているなら、世間のルールや、常識にしばられていないか見直すチャンスです。
 忙しいからと言い訳して、本当は丁寧に向き合っていきたいこと、じっくり時間をかけたいことから目をそらしていても状況は何も変わりません。
 料理を通して、五感を研ぎ澄まし、自分の気持ちにウソをつかない(正直になる)選択ができるようにしていきます。

8.自分を信じる!

 この人生を楽しく生きていくために必要な力は、私たち、すでに持っています。
 その力とは、これが好き、これは嫌い、それをやってみたい、あそこに行ってみたいと感じる『直感力』、自分にできること、できないこと、やっていいこと、やらないほうがいいことを見分ける『判断力』、ベストなタイミングで選択、実行できる『決断力』などのことです。
 料理を通して、自分を信頼し、直感力、判断力、決断力を手にいれて、誰かや何かに頼らなくても自分の内側から生きる力と幸せがわいてくる、そんな毎日をつくっていきます。

ポレポレで開催しているCLASSの詳細はこちら→CLASSページ